キャプティブ

キャプティブ概要

キャプティブとは、団体・企業が独自のリスク(保険)を引受けるために海外に設立された再保険子会社のことです。キャプティブを利用することで、今までカバーできなかったリスクや、国内では加入が難しい保険など、比較的自由度の高い保険手配が可能となります。また、保険料として支払った資金は外国子会社に資産形成され、投資収益等を得ることも可能となるなど様々なメリットを享受できます。

JWG が提供する
キャプティブの
3つのメリット

自由度の高い保険手配

企業が抱える大規模リスクや特殊リスクについて、既存の保険商品で手配・対応することが困難な場合も多いので、そうしたリスクを保有したり、移転したり、様々な手段を組み合わせ、自社に最適な形での保険手配が可能になります。

再保険市場へのアクセス

キャプティブ活用により、国内ではできなかった国際的な再保険市場にダイレクトにアクセスすることが可能となるため、必要なリスク対策を効率的に準備できます。

効果的な
リスクファンディング

キャプティブに入った資金は、事故による保険金支払いに備えつつ、長期間に渡る安定的な投資収益を得ることも可能です。また、外国子会社配当益金不算入制度を活用し、国内の親会社へ配当を出す事も可能です。